お任せ!貸切バス情報ガイド

ホーム > 貸切バスの豆知識 > 貸切バスをミニバスにしてタクシーとの併用という低コスト利用の方法

貸切バスをミニバスにしてタクシーとの併用という低コスト利用の方法

これは現在、一般的なバス運行会社などが設定をしている、マイクロバスや小型バスなどでの借り入れ人数分での基準に搭乗人員が達しない、しかし、ミニバスの場合には超過オーバー、というような場合に、推奨すべき形での、貸切バスの大型タクシーとの併用といった形での、低料金で利用が可能な運行利用方法になります。
低コストでの利用が可能になりますが、しかし、バス運行会社やタクシー会社などによって料金相場・体系とかが異なりますので、その点によく注意をしていく事が大切です。
ミニバス自体が、約10名以上で15名以下の人員で搭乗していくような仕様になっていますので、どうしても状況によっては、中途半端な利用人員数になってしまう事態なども、決して無いとは言えません。
そうした事情から、乗り物の組み合わせなども必然的に考えていく必要性がある場合もあります。


今話した本文1のところで話した、搭乗人員数での問題だけでは無くて、地方や大都会部・巨大都市部などとは異なる搭乗料金やレンタル料金の、相場設定面での違い、燃費その他、様々な掛かるお金の相場状況における様々な違いに関しての情報をよく調べながら、バス会社とタクシー会社の両方を探して選択をしていく事をしていく事が、やはり大きなポイントです。
そして、地方の田舎町にあるバス会社やタクシー会社などでも、中々低料金の相場で実際の運転面で丁寧な対応をしてくれるようなところもあったりしますので、探しておいて損は無いところがあります。
しかし、そうしたところではあっても、依頼者(達)が住んでいる、あるいは現時点でおられる場所からの距離次第では、送迎分の割増料金の設定をしたりするところもあったりしますので、その点にも注意をする必要があります。


そして、何と言ってもミニバスと大型タクシーの料金設定の違いは、ある一定時間の間での走行継続距離と、距離のみを基準にした設定面での両者による違いとかもありますので、それらの面もよく、理解をしておく事も契約前にはとても大切です。
ミニバスのほうが安価で、搭乗人数が少なめな大型タクシーのほうが料金が高額であったり、というような事もありますので、そうした両者の料金バランス面を如何に、計算をしていくかが大きなポイントでもあります。
大抵の場合、旅行会社などとの提携をしている会社などの場合には、宿泊ホテルなどとの一諸になった、パックでの割引とかの仕様からなるものなどもある場合もありますので、必ずお問い合わせとかをしていく行動なども、やはり必要です。
中々確認作業が大変なところもあったりしますが、なるだけ少しでも安くて良質な乗り物同士の組み合わせをしていくには、これくらいの配慮面での行動力も必要になってくるところもあります。

次の記事へ

PAGE TOP