お任せ!貸切バス情報ガイド

ホーム > 貸切バスの豆知識 > 貸切バスの現在のレンタル・サービスの概要

貸切バスの現在のレンタル・サービスの概要

現在のところ、貸切バスのレンタル・サービスとしては、大型免許を有するお申込者本人(達)が自ら運転をするもの、あるいは、ドライバー付きで借りて運行していくもの、何れかの形からなるものがあります。
大抵の場合、観光目的あるいは多人数からなるツアー、特定の事業目的などでの人員移動の際、等々、その利用する目的に応じて、バス運行会社へ、注文者である利用者側が、依頼をしていくというような形が一般的です。
そして、バス本体の車両形態なども、ミニバス・マイクロバス・小型バス・中型バス・大型バス、それぞれからなるものがあり、大体30㎞の距離を3、4時間の基準毎により、搭載人数分に合わせた料金計算をしていくという形が、多く採用されているような様子でもあります。
このようなサービスの流れになっているのが通常です。


そして、今度はバスの車両本体毎においての、料金設定になります。
ミニバスから小型バスの大きさである車両本体の場合、約15名から25名前後で2万2千円台、中型バスで約30名前後で2万7千円台、大型バスで約50名前後までで3万円台、それらのような設定が一般的になっている様子です。
ただ、これらは全国的な平均の統計結果から言える目安ですので、巨大都市などが存在していない、地方・地域などによっては、もう少しこれらの各設定などよりも低い価格相場の設定であるものと考えられます。
それでもやはり、約1万7千円台よりも、いずれの各種車両タイプでは高値である事は確実ですので、それだけの必要経費を要したりする事は、言うまでもありません。
ただ、登場していく人間の員数自体が多人数でのレンタルという形ですので、それに合わせた見積もりが基本になります。


それでは、借りる人間が個人あるいは私人、10名にも満たない少人数規模である場合、貸切バスのレンタル・サービスの利用といったものは出来ないのか、その事について、最後に触れておきます。
確かに、それらのような場合でも、同レンタル・サービスのご利用が可能です。
しかしながらその場合、自分(達)自身で運転をしたりする場合でも、負担支払料金の金額は、先程の本文2のところでご紹介した各種料金設定などよりも、ある程度高額になるところも存在します。
どちらかと言えば、全体的にもやはり、そうした少人数規模でのご利用の際には、料金が高くなるような設定をしたりしているようなところが少なくはありませんので、その事をよく、理解をしておく事が大切です。
中々、最初は分かり辛いところがありますので、比較専門サイトなどを利用しながら、計算作業に必要な知識を学んだりしておく事も、とても大切です。

次の記事へ

PAGE TOP