お任せ!貸切バス情報ガイド

ホーム > 貸切バスの豆知識 > 空港や駅から貸切バスで結婚式会場へ行くメリット

空港や駅から貸切バスで結婚式会場へ行くメリット

現在は、費用の要らない簡易結婚式、あるいは外国の挙式など、結婚式が多岐に亘っている時代といえます。
勤め先の上司並びに部下それから、親類もしくは友人など多人数を招く結婚式もある一方で、少ない人数で遂行する結婚式も少なくありません。
それに加えて、地元から距離があるなどの条件も多々あります。
新幹線、あるいは飛行機といったインフラが発達したことから、昔と見比べても集まり易い状態になったとはいえ、遠方の人は不慣れな土地や交通機関などで手間になることも少ないとは言えません。
そのため、最近は貸切バスを利用することにより、便利に駅や空港から結婚式会場へ行く方法が注目されています。
この方法を活用すれば、手間がかからないなどのメリットがあり、負担を減らすことができます。


就職して、会社の本部勤務や地方転勤などを通して地元を離れている人にとって、親類もしくは地元の仲間を見知らぬ土地へ招き入れることは抵抗感があるといえます。
会場まで迷うことなく到着可能なのかなど新郎、新婦ともに気配りをすることが不可欠です。
とりわけ空港のケースでは、式会場がある都市から離れている場所にあることから、空港サイドからの交通費も軽視できません。
しかしながら、貸切バスなら、新幹線が停まる駅や空港から送迎でき、参加する人の交通費の負担を軽減できます。
遠方から来る人によっては、宿泊してもらうこともあり得ます。
式が済んだ後の宿泊施設へ送ることもできます。
あらかじめ、貸切バス会社に対して時間及び行き先といった計画を伝えておくことで、円滑に進行できます。
契約を結ぶ際はウェディングプランナーに相談を持ち掛けることで適正な貸切バス会社をオーダーしてもらえます。


貸切バスといいますと多人数が載る大型バスを想定しますが、貸切バスは5~10人それから、10~20人など少ない人数でも活用することが出来るものもあります。
その結果、身内ことに限った結婚式などの少ない人数の結婚式にも気楽な気持ちで利用できます。
それに加えて、外国の挙式であれば、空港までの送迎もできます。
結婚式については通常そんな簡単には会うことができない友人と会える足掛かりにもなります。
ひさし振りの再開にコミュニケーションも弾む人も多と考えられます。
貸切のバスの中はパーフェクトなプライベート空間になっていることから、走行中は周りに遠慮することなく、コミュニケーションを楽しむことができます。
貸切バスを活用すると、絶えず一緒に移動することから、新郎や新婦の親類間が親睦を深めることになります。

次の記事へ

PAGE TOP